FXの魅力は自己資金より大きな金額の取引ができることです

FXの魅力は自己資金より大きな金額の取引ができることです。レバレッジを効果的に取り入れてハイリターンを実現することができます。レバレッジは小さい力で大きなモノを動かすことのできる「てこの原理」のことです。例えば、FX会社に10万円の少額の証拠金を元手として預ければ、てこのごとく10倍の100万円の取り引きができることです。  

これがFX(外国為替証拠金取引)の最大の魅力です。僅かなもと手で大きな資金を動かすことができる資金効率の良さです。その一方で、慎重な投資家の中には手持ち資金の何倍もの取引ができることから、証拠金取引には「怖い」等のイメージを抱いている人が少なくありません。  

そのイメージは間違っているわけではありません。確かにレバレッジを大きくすることで投資効率が高められ大きな利益が期待できます。しかし予想と逆に為替相場が動けば大きな為替差損が発生することもあります。場合によっては元本以上の損失を蒙ることがあります。  

しかし為替市場のなすがままにやられてしまうと言うことでもありません。予めリスク管理することで、事前にリスクを管理することができます。自分でリスク管理できない程の高いレバレッジを掛けて取引する必要は全くありません。FXではレバレッジを自由に調整できます。レバレッジを低く抑えて安全な運用を心掛けることが大切です。何度か儲けていたので、ついつい欲を出して高いレバレッジを掛けたところ為替が大きく変動して大損することがありますから要注意です。  

FXの一番の特徴の証拠金取引にはリスク管理は不可欠です。自分の余力資金の範囲内で、レバレッジ・コントロールをしっかり行うことが肝心です。  

尚、平成23年8月1日以降は取引額の4%以上(レバレッジ25倍以下)の証拠金を預かることが法令により義務付けられました。また平成21年からは業者等の任意であったロスカット制度を義務付けました。今ではロスカット・ルールが遵守されれています。

FXのレバレッジは最初は小さくしておいた方が無難です

昔は投資と言えば、ある程度まとまった資金がなければ。始められない事が多かったものです。

ですから投資と言えば、お金持ちがするものと言うイメージが強かったのです。

しかし徐々に投資が一般の人の間にも広がりだすと、資金が乏しい人でも投資が出来るように商品が増えるようになってきました。

現在その代表格となっているのが、FXなのです。

FXはレバレッジと言う制度があるので、資金が少なくても投資をすることが出来るのです。

レバレッジと言うのは、証券会社に証拠金を預けておけば、その何倍もの取引が出来る制度です。

例えばレバレッジが10倍ならば、証拠金を10万円預けておけば、100万円分の取引が出来ると言う事なのです。

投資と言うのは少額ですと満足に利益を得られない事が多いですが、このレバレッジ制度を利用すれば、少額でも大きな金額の取引が出来るので、満足の行く利益を得ることが出来るのです。

レバレッジの倍数は証券会社によって違い、レバレッジを掛ければ掛けるほど利益は大きくなっていきます。

FXは現在多大な人気を集めていますが、このレバレッジ制度もその人気の一因と言えるのです。

投資を始める場合、いきなり多額の資金を投資に投入する事に対して躊躇する人が多いと思います。

ですがFXのレバレッジ制度ならば、少額から投資を始められますから、投資に対しても不安も少ないと思います。

つまりFXと言うのは投資の初心者にぴったりな投資と言えるのです。

ですがこのように優れたレバレッジ制度ですが、デメリットがないわけではないのです。

少額でもレバレッジを掛ければ利益が大きくなりますが、同時に損失も大きくなってしまうのです。

レバレッジを掛けなければ10万円で済む損失でも、10倍のレバレッジを掛けておけば、100万円もの多額の損失を被る事になるのです。

レバレッジと言うのは利益が増す一方で損失も増す物ですから、レバレッジをあまり過信しない方が身のためです。

ですから初心者の場合は利益を求めるよりもリスクを小さくするために、レバレッジはあまりかけないほうが賢明と言えます。