FXのレバレッジは最初は小さくしておいた方が無難です

昔は投資と言えば、ある程度まとまった資金がなければ。始められない事が多かったものです。

ですから投資と言えば、お金持ちがするものと言うイメージが強かったのです。

しかし徐々に投資が一般の人の間にも広がりだすと、資金が乏しい人でも投資が出来るように商品が増えるようになってきました。

現在その代表格となっているのが、FXなのです。

FXはレバレッジと言う制度があるので、資金が少なくても投資をすることが出来るのです。

レバレッジと言うのは、証券会社に証拠金を預けておけば、その何倍もの取引が出来る制度です。

例えばレバレッジが10倍ならば、証拠金を10万円預けておけば、100万円分の取引が出来ると言う事なのです。

投資と言うのは少額ですと満足に利益を得られない事が多いですが、このレバレッジ制度を利用すれば、少額でも大きな金額の取引が出来るので、満足の行く利益を得ることが出来るのです。

レバレッジの倍数は証券会社によって違い、レバレッジを掛ければ掛けるほど利益は大きくなっていきます。

FXは現在多大な人気を集めていますが、このレバレッジ制度もその人気の一因と言えるのです。

投資を始める場合、いきなり多額の資金を投資に投入する事に対して躊躇する人が多いと思います。

ですがFXのレバレッジ制度ならば、少額から投資を始められますから、投資に対しても不安も少ないと思います。

つまりFXと言うのは投資の初心者にぴったりな投資と言えるのです。

ですがこのように優れたレバレッジ制度ですが、デメリットがないわけではないのです。

少額でもレバレッジを掛ければ利益が大きくなりますが、同時に損失も大きくなってしまうのです。

レバレッジを掛けなければ10万円で済む損失でも、10倍のレバレッジを掛けておけば、100万円もの多額の損失を被る事になるのです。

レバレッジと言うのは利益が増す一方で損失も増す物ですから、レバレッジをあまり過信しない方が身のためです。

ですから初心者の場合は利益を求めるよりもリスクを小さくするために、レバレッジはあまりかけないほうが賢明と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>