FXを研究しているのでチャートについて書いてみた。

 FXで大事なチャート

078

こんにちは、私は現在FXを研究しているフリーターです。
今日はFXで大事だと思われるチャートについて書いてみようと思います。
まず、チャートはローソク足がいくつか並んで作られていきます
そのロウソク足にも細かい名前がついています。

チャートの種類について

098

まず知っておかなくてはならないのが陽線と陰線です。
陽線は初値より終値が高い時に形成されます。
陰線は初値より終値が安い時に形成されます。
2つが区別できるように色も分けてあるのでわかりやすいと思います。
またロウソク足には高値、安値、初値、終値、ひげなどが一発でわかるシステムなっております。
初めはわからないかもしれませんがそのうち慣れると思います。
このローソク足がならんでチャートができるわけですが、チャートにはいくつか時間軸の種類があります
例えば短い時間軸には1分足、5分足、10分足、15分足などです。
他にも長い時間軸だと日足や週足、月足などがあります。
そして、それぞれのチャートを見ると今の株価の状態がどのような感じかわかってきます。
その感じはチャートの形状で判るのです。
でもチャートの形状はどんな形があるのでしょうか?
実はチャートの形状は3つ程しかありません
その3つの形状とは上昇、下降、停滞です。
上昇トレンド、下降トレンド、よこよこなんて言い方もされています。
このチャートの状態を見て投資家は買いを入れたり売りを入れたりするのです。
しかし、どんな時に買っているのか、どんな時に売っているのか気になりますよね。
そこのところを少し書いてみたいと思います。

チャートの注意すべき点

fx6

まずは買いたい時ですが、これは上昇トレンドの時です。
次は売りたい時ですが、これは下降トレンドの時です。
最後はよこよこの停滞時ですが、このときは様子見になります。
これだけ分かれば売り買いの判断ができるようになります。
しかし、ここで注意することがあります。
それは長期のチャートを見ずに短期のチャートだけで見ることです。
一時的な上げ下げにやられる人も多いので気を付けたいです。